悪気がなくてもトラブルに…。ベランダの騒音

怒る女性

賃貸住宅のベランダやバルコニーは、隣近所の話声がよく聞こえます。おまけにベランダ側の窓を開けていたら、それこそ話し声が筒抜けです。そんな騒音による苦情は、友人同士のバカ騒ぎでなくてもトラブルになりやすいのです。今日は月や星がきれいだね!とか通常の家族同士の会話でも、毎日そんな声が聞こえてくると嫌になってしまうものです。ここではそんなトラブルになりやすいベランダの騒音についてご紹介いたします。

ベランダやバルコニーで騒ぐことによるトラブル

友人を招いてバーベキューや飲み会をする

春先から秋にかけては、友人を招いてバーベキューパーティーや飲み会をする方も多くいらっしゃいます。とりわけそんな時に最適な場所というのは、やはりベランダやバルコニーです。しかしながら、本人たちには都合がよくても隣近所の方にとっては大迷惑になりやすい場所なのです。

例えば、友人同士の会話がうるさいという苦情です。あるいはバーベキューをすると、その強烈な臭いが隣近所にも漂ってきます。そうなると、隣近所の人もベランダ側の窓を閉めざるを得なくなります。またマンション内で携帯電話を使う際においても、電波状況が悪くなりやすいのでベランダを使う人が多くいます。そのため、携帯電話による話声がうるさいといった苦情の例もあります。

ベランダで花火をする

初夏から秋までの季節には、花火をするお家が多くなります。そんな花火は、家族団らんのひと時を過ごすのにはピッタリのアイテムといえるでしょうね。ところが、マンションのベランダやバルコニーで花火をすると、火災の恐れがあるということで苦情が上がったりトラブルに発展しやすいのです。

もちろん花火とはいっても、ロケット花火を賃貸住宅のベランダや集合住宅のバルコニーでする人はまずいないでしょうね。そのほとんどが、線香花火程度の小規模な花火です。その代わりそんな小規模な花火であっても、子供さんが大きな声ではしゃぎやすいのでうるさいという苦情がよく挙げられます。それに例え線香花火であっても、火災のリスクはなくならないのでやはり危険行為ということになります。

対処方法

管理組合に苦情を申し立てる

隣の人がベランダでよく友人を招いて騒ぐとか、バーベキューパーティーをするのでうるさいという苦情例は賃貸物件では数多くあります。そんな時、直接隣の部屋の人に苦情を申し立てたり、壁をドンドン叩いたりすると逆に相手の怒りをあおってしまうので喧嘩に発展しかねません。要するに、逆切れさせやすいのです。

従ってそんな場合には、賃貸物件の管理人や管理組合を通して苦情を申し立てるようにしないといけません。
これは単に話声がうるさいという場合だけでなく、花火をしたりする方の場合も同様です。とりわけ花火は火災の原因にもなるので、大規模小規模に関わらず容認している賃貸物件は少ないでしょうね。

窓用の透明防音シートを貼る

賃貸住宅のベランダや集合住宅のバルコニーは、話声や騒音が隣近所に筒抜けです。そのため、隣近所の人が騒いだりする騒音がうるさい場合には窓用の透明防音シートを貼ると騒音が随分と軽減します。おまけにこの透明防音シートは、窓からの眺めや採光を遮断してしまうという心配も要りません。ちなみに大手通販サイトのアマゾンでも販売されています。

もちろんその他にも、遮音シートという商品もあります。しかしながら一般的な遮音シートは、不透明な物が多いので採光性が悪くなってしまいます。上述した商品は、多少割高にはなりますが防音性能は格段にアップします。また防音シート以外にも防音カーテンや隙間テープ、あるいは二重窓にする方法もあります。こうした防音対策は単に隣近所からの騒音だけでなく、道路を走る自動車の騒音や電車の騒音などにも大変効果があります。

まとめ

賃貸住宅や集合住宅の場合、一戸建て住宅とは違って隣近所とは棟が繋がった状態です。そのため、騒音被害というのも相当高いといえます。今回ご紹介したような対策案を参考にしながら、ぜひとも隣近所とは良好な関係を保っていただきたいものですね。

また、近隣トラブルにはこのようなものも…。→隣から、上階から!水漏れや匂いトラブル

おすすめ記事